キレイモはホクロのある部分を施術できる?

フラッシュ脱毛はホクロのある部分は施術できないようですが、キレイモは施術できる?ホクロがある場合どうすればいいの?

ホクロのある部分は脱毛できないって本当?

フラッシュ脱毛の施術において、まず施術を受ける前に必ずカウンセリングを受けることになりますが、その際に施術についてさまざまな説明があります。

そのときに必ず言われるのが、「ホクロのある部分にはフラッシュの照射ができない」ということ。照射ができないということは、施術できないという意味になります。

この理由は、そもそも施術でムダ毛を再生できないようにするために、フラッシュの光を毛根のメラニンに反応させて再生機能が働かなくなるようにするため、毛根以外でメラニンが反応してしまう部分に光を当てると、毛根に正しいアプローチができない上、最悪の場合軽度のやけど症状を引き起こす可能性もあるからです。

こうした施術ができない部分として、シミも挙げられます。シミも薄いものなら施術可能ですが、かなり目立つような濃いシミは毛根へ正しい施術が行えない可能性があるため、シールでカバーした上で施術することになります。

キレイモでもホクロの部分は施術NG

安価で質の高い施術を受けられることで定評のある脱毛サロン、「キレイモ」も、ほくろのある部分は施術をすることができません。

サロンによっては大丈夫かも?と思われる人もいるようですが、ほとんどのサロンでほくろのある部分は施術ができないので、その点はカウンセリングに説明をしていただいて、理解した上で契約することをおすすめします。

ごく小さいほくろについては、気づかずに施術をしてしまうことがあるようで、人によっては光が当たったほくろが白くなってきた、という人もいるようです。

この場合、ほくろに白い点がついて治らないようで、見た目が悪くなってしまうほか、やはり痛みがあります。

ほくろにフラッシュ脱毛の光を照射してしまうと、最悪の場合皮膚がんになる可能性が高くなるかもしれないという説もありますので、必ず施術の際にはシールなどで保護していただくようにしましょう。


キレイモ